ワープロ検定はゴミのようなもの

ワープロ検定を取得するも、全く価値が無い資格だと思い知らされたYさんのエピソードをご紹介します。

私はワープロ検定を16年ぐらい前に、パソコン教室に通って、ワード、エクセルを学び、そこの教室の紹介で検定を受けることになり、ワードの勉強が終わってから受験しました。
いっぺんで受かったので、当時はけっこう嬉しかったです。
とはいっても3級でしたが^^;

勉強はパソコン教室の教科書をしっかりやって演習を重ねるという風にやっていました。
分からないことは何でもインストラクターの人が教えてくれたので良かったです。
検定に受かったら、インストラクターの人も嬉しそうに合格を知らせてくれました。

パソコン教室の教科書をマスターすれば受かるようにできていたようです。
コツコツやっていて良かったと思います。

私はライターをやっていますから、ワープロの技能は必須です。
ブラインドタッチができて、入力が速ければそれだけ仕事に役立ちます。
ブラインドタッチはもうずいぶん昔、20歳のころに、当時のタイプライターの学校に通ってマスターしました。
キーの配置を指が覚えていてくれるので、入力が速くできてありがたいです。

これは本当に役に立ったと思います。
仕事だけでなく、趣味でSNSをやったり、友人とメールのやりとりをしたりということに、ワープロ技能は役だっていると
思います。

しかしそれが仕事に活かせるかというと話は変わってきます。
私はフリーなので給料に反映とかそういうことはないのですが、ワードがしっかりできると仕事の幅も広がりますので、有利なはずだと思っていました。

しかし実際にはワープロ検定を持っているからと言って、仕事をもらえるわけでも、単価が高くなるわけでもありません。
それどころか、「そんなムダな資格を・・・」と失笑されることさえもありました(泣)

けどパソコンそのものやプログラミングには興味があるので、今後は情報処理系の資格の勉強などできればと思っています。